月々の生活費がきつい場合、対症療法としては手元にある物を「売る」と言う手があります。レアリティのものであればオークションを使って販売すれば高価買取が見込めますし、逆に安価なものであればインターネットサービスを使って売却するようにしましょう。インターネットサービスはダンボールに詰めて品物を発送できますので、商品をお店まで持ち運ばないで済む点が便利です。またオークションの場合、取引から発送まで細心の注意を払う必要がありますが、お店への売却であれば安心です。他にも一日から二日で終了する短期アルバイトを行なえば生活費がきつい月に数万円稼ぐ事ができます。短期アルバイトの中には深夜帯にできるアルバイトもありますので、自分の空き時間に合わせてフレキシブルに働く事が可能です。一方で一時的な対処では補填できないほど毎月の生活費がきつい場合、仕事そのものを転職するか、他に仕事を増やさなければいけません。例えばインターネット上には副業ができるサイトが存在していますが、そのような場所でライティング作業を行なえば、毎月数万円単位の赤字額を補填する事ができます。ライティングの仕事は、1記事で300円ほどの収入ですが、それでも空き時間にコツコツと続けていれば一日に最低3件はこなせるのではないでしょうか。1日900円×5日だとしても、1ヶ月で18000円。もっと書ける人は2万円は軽く越えるでしょう。ライティングのお仕事は、主婦にも人気があるお仕事です。家事の合間に文章を作るのですが、暇つぶしにもなってお金も稼げるので一石二鳥です。毎月の生活費がきつい場合、2万円の収入はとても助かりますよね。日々の生活を潤すためにも、在宅ワークの求人をチェックしてみましょう。